カテゴリ

2018.07.16.Monday | 07:42 | comment(0)

7月16日月曜日の営業時間

20180705_193044.jpg
7月16日月曜日海の日
事前ご予約の関係で
12から12時30分の間休業とさせていただきます

category | お知らせ

2018.07.14.Saturday | 18:56 | comment(0)

チェコ・U CERVENEHO LVA

20180703_155115.jpg20180703_155537.jpg20180703_155552.jpg20180703_155559.jpg20180703_155602.jpg20180703_155615.jpg
KVETINARSTVI 花屋
U CERVENEHO LVA あなたの赤いライオン
あってるか確証の無いまま店名の意味を考えてみました

赤いライオンというホテルもチェコにあるように
チェコでは特別なシンボルのよう
国旗の三色は青が空・白が清潔・赤が自由の為に流れた血を意味して
プラハの西部、ボヘミアまたはプラハ全体を表している
そしてチェコの紋章にはライオンが描かれてます

上手な言葉は思いつけませんが、言いたいことはわかる
そんな店名の生花店
生花もありますが圧巻のドライフラワー
ドライのリースもたくさんあります

ハーブの絵があるピックを購入して
許可を得て写真をとらせれいただきました
本当に凄かったです

category | 世界からの花便り

チェコ・黄金小路のリース

20180703_151641.jpg20180703_141518.jpg20180703_135821.jpg20180703_135556.jpg
チェコのプラハ城は色んな分野の参考資料の宝庫
黄金小路は観光客相手のショッピングエリアですが1597年にできた家々で
昔の人の生活やお店が再現されていて興味深いです
実際のカフカの住んでいたお家も使われています
ユライ・ヴァニャという彩色陶器店では陶器のオーナメンを使ったリース
黄色のボタン・黄色の卵・黄色の鳥、全て陶器
イースターリースだったのかもしれません

新婚旅行でしょうか
韓国の方がウェディング写真をブーケを持って撮影されていました
何処に行っても祭壇のお花は必ず見るようにしてます
ステンドグラスにも花がたくさん見られました


category | 世界からの花便り

チェコ・KYTKY OD PEPY

20180702_180639-1.jpg20180702_180706-1.jpg20180702_180726-1.jpg20180702_181120-1.jpg
KYTKY OD PEPY
PEPYの花屋て意味でしょうか、わかりません
チェコで最近流行りのファーマーズマーケットに出店していた花屋
実店舗お持ちのようです
https://www.kytkyodpepy.cz/tvoriva-dilna
どうりで花屋のお姉さんがあっという間に美しく花束を作っていたわけです
お客様もひっきりなし

他にもソーセージをその場で焼いていたり
こだわりコーヒー店
馬蹄に文字を入れてくれる馬蹄のパーツ店
色々なお店がありました


category | お知らせ

チェコ・売店のような花屋

20180702_124620.jpg20180702_124632.jpg20180702_124655.jpg20180702_145719.jpg20180702_150118.jpg

プラハのテレビ塔を目指して歩いていると
人通りが少ない道で見つけた花屋
キーパーはあるけど売店のような花屋
同じような花屋を何回か見ましたのでチェーン店かな
お店の人も一人のパターンが多い

チェコはチェココルナが通過で1Kc×5円くらい
ひまわりの花びらを取って使うのもヨーロピアンスタイルで
時々見ます、デザインのアクセントや花びらが傷んでいるときに使う方法






category | 世界からの花便り

チェコの国花・菩提樹

20180702_124448.jpg20180702_124452.jpg20180704_110342.jpg20180704_110355.jpg20180704_110406.jpg
チェコの国花はチェコ語でlipa(リーパ)菩提樹です
6から7月が開花でちょうど花盛りでした

菩提樹には緊張や不安を取り除く効果のある香りがあり
他国に抑圧されていた頃きっと木は人々にやさしかったのでしょう
ミュシャの絵画の中の冠にも重要な場面でもよく描かれています
不安を取り除いて前進する意味が込められているのかもしれません

楽器や建築物にも菩提樹の木は使われいます
民族衣装の本は生地屋さんに見せて頂き写真の許可をいただきました。





category | 世界からの花便り

チェコ・プラハ KVETINY

20180702_180026.jpg20180702_180407.jpg20180702_180416.jpg20180702_180428.jpg20180702_180451.jpg20180702_180446.jpg


20180702_180353.jpg
KVETNY
チェコ語で花

以前チェコに住んでいる人形劇に関わる女性に
日本でお会いする機会がありチェコの花に興味を持ちました
彼女の住む街までは二時間今回は時間が無く諦めました
季節や土地柄もあるでしょうが
上記の話のように花屋が多い印象は無かったです

枝分かれした菊や薔薇が多い駅近の花屋でした
吸い上げで染めてある胡蝶蘭の鉢や
ヨーロッパでみかけやすいボックス(帽子の箱のような)アレンジメントも
お店の方は気軽に写真を撮らせてくださいました





category | 世界からの花便り

2018.07.13.Friday | 18:04 | comment(0)

エストニアに来た理由

20180630_160340.jpg20180630_141552-1.jpg
20180630_143723.jpg20180630_151741.jpg



20180630_160421.jpg
エストニア・タリンに来た目的はお花関係ではなく
CRUの料理
去年たまたま入って衝撃の美味しさに
もう一度食べたくて国をまたいでしまいました
上の写真以外にも勿論いただいております
どれも衝撃的に美味しいです
ホテルと併設しているレストラン
行けて満足
旅の相方に感謝











category | 日記

チェコの前にエストニアこぼれ話

20180630_110110.jpg20180630_123948.jpg20180630_131123.jpg20180630_131152.jpg


20180630_164139.jpg
チェコに行く前にエストニアのタリンに行きました
去年仕入れのために行ったエストニアで矢車草の存在の大きさに感心して
いくつか調べ直したいこともありましたが
今回は純粋な楽しみでエストニアに行きました

フィンランドのヘルシンキの港から船でエストニアへ
去年乗ったフェリーの会社が無くなっていて冷汗
ネットでも予約できるのですが念の為前日に場所を確認しに行くと
張り紙とかんこ鳥ならぬカモメしかなく
別の船舶会社を地元の方に教えていただきました

船内ではライブや免税店があったり楽しめます
エストニアは古い建物のエリアは風情もあり色も可愛いです
去年と同じ露店の花屋やチョコレート店も行きました
去年見つけてなかったチョコレート店では気前よく試食させてくださいましたが
上質のカカオのため量り売りは日本人にはびっくりの価格

同じ場所に行くにも海外は油断大敵
状況は二転三転します
去年も帰りの船が急遽欠航で別の港から帰ったりと
解決策は見つかるので時間に余裕を持つことが大事です



category | 日記

出張明けのいけばな

20180712_202940.jpg
2週間店舗休業させていただいた
最初の営業日は店内講座は小原流いけばな
この日は市場が休みでしたので一般売りのお花は
未入荷でレッスンの生徒さんのみ
切花を調達しておりましたが少ない種類でしたのと
たまたま生徒さんのお休みの多い日でしたので
生徒さん自身に入荷した切花を自由に選んでいただきました

房すぐり・オンシジューム・サンデイリアーナ

次回は7月26・8月9&30日
満席のためご新規募集はございません


category | 営業日時&レッスン案内