カテゴリ

2021.01.24.Sunday | 17:17 | comment(0)

中世ヨーロッパの衛生管理

image0.jpeg
ハーブではないですが
写真のように薔薇を床に蒔くことが時々当店ではあります
薔薇の寿命で花びらが落ちてきたのをデイスプレイに使い
乾燥したら埃と一緒に掃き掃除します

これ、ハーブに置き換えると
ストローイングという作業ですね
ストローは撒き散らす意味で中世からルネッサンス期にかけて
ハーブを床にまく事で消臭も含めた衛生管理を行なっていました
農民たちは野生のハーブを家の床に
王室は香りの良いハーブを城の床にまき、枯れたら後始末をする
17世紀にハーブ・ストリューワーという職業ができました
現代では無い職業ですがイギリスで名誉称号としては受け継がれています
主ストローイングに使うハーブ
ローズマリー、ヤロー、バジル、カモミール、フェンネル、ミント
スイートウッドラフ、マグワート、メドウスイート、クスノキ
ジェルマンダー、ヒソップ、マージョラム、ラベンダー、レモンバーム、
ペニーロイヤル、セージ、タンジー、ウィンターセイボリーなど

とても重要な職業だったそうです
いったいどんな手順や配合だったのでしょうか
また調べてみたいと思います
強い香りは魔除けとしても意味を持ちましたので
ハーブは効能も含めて多面的に重要だったのでしょう





category | 世界からの花便り

2021.01.22.Friday | 17:12 | comment(0)

エストニアは自然信仰

image0.jpeg
旧年、エストニアの花(ハーブ)事情について
造花やドライマテリアル、プリザーブドフラワーを使い
花摘み籠アレンジメントを制作する事で理解していただく
レッスン内容を考案してを開催しました
リモートレッスン内容は有料のため
受講いただいた方の特権として内容はブログでもお出ししていないですが
これからバルト三国の知られざる植物の魅力を探すヒントになるように
少しだけエストニアを中心にご紹介します

大体のエストニアの紹介では主な宗教はキリスト教と打ち出されていますが
基本は自然信仰、ベースは精霊信仰です
ラトビア(神道)のベースは太陽・雷、リトアニは雷神
これらのベースの違いは三国の地理的要素と自然環境の差とも言えるでしょう

エストニアもラトビアもハーブの知識に長け
ハーブティの豊富さも日本人の想像をはるかに超えます
風邪なら薬局でもハーブティを勧めるほど
心身ともにハーブで整える国民性です
ラトビアでは日本の製薬会社も共同で薬品開発がおこなわれています
(そもそも薬は植物からの抽出物です)

キリスト教の布教先としてはヨーロッパの最端に位置したバルト三国ですが
ベースが自然信仰にある国は唯一無二のキリスト教は根づきにくいものです
これは森羅万象・自然信仰の日本も同様です
また、隣国による支配による争いも多く繰り返す過程において
布教に派遣された者たちの立場や力関係もその都度代わった事も布教に影響

花やハーブの意味合いや利用方法も
料理同様素材、特性を生かした使い方プラス
多くの国の支配を受けるごとに、他国の技術も入り混じっているように思えます
エストニア独自の利用方法かと思い調べると
支配していた国の年代と植物の利用方法のルーツが
年数とピタリと合う事もあります
中にはヨーロッパではすたれてしまった風習使が今現在でも残っています
植物の使い方などは特に他の自然崇拝の国と非常に似ています
ラトビアの神道の木材建築物が日本の神社と似過ぎていることは衝撃的ですが
自然から成り立つ精神や形が似てしまうのは当然なのかもしれませんね

植物自体の世界への分布は人以外にも渡り鳥なども関係していきます
エストニアはコウノトリが季節の渡り鳥でいますね

店主がエストニアの植物に魅了されたきっかけのハーブは
「アルケミラ」モリスでしたが近品種が30種類くらいあり
これは園芸品種に使う名称で、ハーブティなどに使うのは
「アルケミラと」いう名称(ウルガリスやサントクロラあたりの品種かな)
レディスマントルと言う方が海外では通じやすいでしょう
エストニアの気候に適したハーブですが外来種である可能性もあります
当店は花屋ですので基本アルケミラモリス と言わせていただいています

今、ある種類のハーブがバルト三国の土壌に大きな影響があったのではと
思っていて、さらに勉強中です
この話の続きを夏至ごろにはできればと思います

※写真の花はエストニアの都心の花屋店内の一部です
これは他の国の花屋に比べてもかなり花が多いです
それほど花を買う人が多いと言う事になります
















category | 世界からの花便り

2021.01.21.Thursday | 13:53 | comment(0)

お店が花を飾るということ

image2-50.jpegimage1-71.jpeg
苦楽園の隠れ家サロン
新年のお花とどんど焼き以降(正月明け)の春らしい花のご依頼
新年はサロンのテーマカラーでもあり魔除けの意味もある赤色
春らしい色は花では金色の代わりにもなる黄色でご用意いたしました

昨今、特に関西の住宅街の店舗ではここまでしっかり
お花でお客様をおもてなしされる所は少ないです

リーマンショック以前までの店舗の飾花というものは
何を削ってでも花は飾るというのが前提でした
それは、経営が苦しくなった時に花の予算を抑え見劣りすると
お客様に経営難が伝わり、さらに客足も下がる傾向があるからでした
そのため、夜逃げする店は直前まで周囲に悟られないよう
花だけはいつものように注文して飾る事もあり
花屋も集金できず料金を踏み倒される事も少なくなかったそうです
それくらい花が店にあることが当たり前の事が
リーマンショック後の関西では
恥やハッタリどころではないくらい不景気になり
どこもかしこも、自分だけでは無いことから
花を予算から削ることが増えました

その後の影響で花を飾る店は以前ほど多くは無くなったのです
ですから、逆に花を飾る店舗は
店主の心意義や経営状態の違いが伝わります

実際にこちらの隠れ家サロンは
二ヶ月先まで予約がいっぱいの繁盛店ですが
ご依頼の際も
コロナのこんな時代ですから
少しでもお客様に明るい気持ちになっていただきたい
サロンにいる間、お花で癒されてほしい
特に新しい年を迎えた1月はと
ウエルカムフラワーのアレンジメントのご依頼をいただきました

サロンのお客様はみなさん喜んでいらっしゃるそうです
花屋も花でご来店回数が増えるくらい効果のある飾花を作るよう
日々精進しなくてはと改めて思いました










category | 花屋店主のひとりごと

休業日の朝

image0-72.jpeg
先日のご移転祝いの送り先のジャムが気なって
昨日は休業日の朝に仕事があり
思ったより早く終わったので
苦楽園でもあのジャムがいただけるコーヒ屋さんに行き
ピーナツほうじ茶キャラメルとアーモンドカカオニブをお一人様席で堪能
ふた味もふた味も違うジャム
ビリーさんのメニューにぴったりでした
贈り物のセット商品もビリーさんで購入できます


category | 楽しい苦楽園めぐり(西宮物語)

2021.01.18.Monday | 15:09 | comment(0)

マチカフェの花屋

image1-70.jpeg
明るい色だなーと
ローソンで買ったコーヒーをよく見ると
花屋さんではないですか
これは嬉しい

緊急宣言後
まだまだ発表会の花束は作れないなとは覚悟してましたが
ブライダルのキャンセルが増えたと
切り花の輸入会社さんから聞いて少しため息
でしたが
この花屋のデザインに気持ちが上がりました
花屋のお兄さんとコーヒを持ったお客様の会話まで聞こえてきそうな
デザインに元気をいただきました
色んなお店の元気が見れるといいな



category | 花屋店主のひとりごと

スイトピーマダム

image0-71.jpeg
年に一度お会いする人がいます
今年は1月17日ではなく18日にご来店
会場へは当店の想いも運んでいただきたくて
想いの分のお花もおいれしています
苦楽園の花屋が想う人は夙川高架下の花屋のおばちゃん
今は別の花屋さんが高架下で営業されています
今年は染めのスイトピー、マダムという品種を贈ります
category | 素敵な贈り物、贈り方

2021.01.17.Sunday | 15:43 | comment(0)

ご開院お祝い

image0-70.jpeg
ご依頼は華やかにご開院お祝い花
何科までお聞きしませんでしたが花粉が少なそうな
春らしい花に
アイスケーキと言う名前ですが暖色系のミニ胡蝶蘭
少し変わった咲き方のspカーネーションのミニティアラルナ
生命力も感じれるようにフリルめいた動きのある葉アイビーのパーサリーー

以前開講していたビーズアクセサリー教室の生徒さんからのご依頼でした
ありがとうございます
終了したレッスンの先生や生徒さんにもたまに会えると
お店を続けていて良かったと思えます

category | 素敵な贈り物、贈り方

1月17日ご移転オープン

image1-69.jpeg
クラフトジャムとジンジャーシロップ店SIDMAAN'sさん
豊中市の桜塚ショッピングセンター一階
おめでとうございます

苦楽園でもこちらのジンジャーシロップが
ドリンクメニューなどに使われているお店があります

ご依頼相談は派手派手しいのとか物ものしい大きさではなく
緑と白とちょっと黄色のお花で配送
検索でショッピングセンターと
お店さんの雰囲気などインスタグラムで見て
今回のお色目と花材、大きさにさせていただきました
左側にアバンギャルドと言うチューリップが蕾では緑色ですが
咲くとクリームがかった白色の八重咲きになります
黄色のチューリップはモンテスパイダー


category | 素敵な贈り物、贈り方

1月16日祝移転Queueさん

image0-69.jpegimage2-49.jpegimage1-68.jpegimage3-32.jpeg
石刎町にあったワンちゃん系のお店が
大通りの元本屋跡地に
一粒万倍日・天赦日のラッキーデーにご移転オープン
Queueさんおめでとうございます

新店舗のテーマカラーはティファニーブルー
自然界にはほとんどない花色ですので染めのマダムと言うスイトピー
当店は普段ほとんど胡蝶蘭鉢の取り扱いはございませんが
胡蝶蘭ピンクマーメイドなど特別にご用意
まさにりんご飴サイズのリンゴアメと言う名前の薔薇
黄色の薔薇のカタリナやシンピジュームのビビアンイエローシャインなど
お選びいたしました


category | 素敵な贈り物、贈り方

1月14日いけばな講座

image1-67.jpegimage2-48.jpegimage0-68.jpegimage3-31.jpeg
新年明けて最初の当店講座は小原流いけばな夜の部
使用花
チューリップのモンテスパイダー、スイトピーのリリー
青文字・チューリップのアバンギャルド
マーガレット、赤椿

次回ですが
コロナ対策として2月いっぱいまで休講です
3月4&18日
皆様と笑顔でお会いできること楽しみに営業しております
category | 営業日時&レッスン案内