カテゴリ

2017.06.26.Monday | 17:47 | comment(0)

エストニアのタリン

20170601_210915.jpg20170601_211101.jpg20170601_211153.jpg20170601_211031.jpg20170620_140849.jpg20170601_231443.jpg
エストニアはフィンランド・ヘルシンキから
船で最短1時間半・長くて2時間半
日本の位置からは北欧扱いで他国では東欧扱いにもなる国

石畳が続いている旧市街地に連なる花屋の色彩が独特なのには意味がある
中世時代の風習を重んじている人々は
花の贈り方も引き継いでいる
白色のエゾギクは恋愛の別れを告げる意味を持ち
大人色の芍薬の花束は新婚夫婦
誠意や友情は紫色のヒヤシンスやグラジオラスetc
おそらく数にも意味があるのだと思いますが
(不確かですが9本の薔薇は理想の女性ですと伝える)
ロシアの影響もあるでしょうから薔薇の贈り物は奇数かな
(ロシアでは偶数はお供え花)
それらをふまえて写真の花を見ると
花で伝えるところが奥ゆかしく、ロマンティックでな中世らしい
素敵な花に見えてきます。

エストニアの初のフラワーデザイナーはタイボさん
繊細な男性であると聞きます
それからはエストニア出身のフラワーデザイナーが
ヨーロッパで活躍しています
ちょうどエストニアに行く前にフィンランドの花屋さんで
エストニア出身のス女性のフラワーデザイナーと少しだけ
お茶をご一緒できたので、
エストニアを身近に感じました。

5月に開催されるというフラワーショーは
その独自性と開催期間の長さで以外と世界的には有名でもあります
リネン(麻)も有名ですが林檎やジェニパーの木から作られた
ボタンなどは香りも素晴らしいです

国民の投票で決まった国花は青いヤグルマギク
露店で作家さん自身がブローチを売っていたのですが
日本にいたことがあるらしく
作品の花の名前をお聞きしたら検索して
日本語で教えてくださいましたので
3個いただきました
お世話になっている同業者と自分用に。

道にはアルケミラモリスとタンポポをよく見つけました
建物と花屋の花の色差を不思議だと思っていましたが
中世の花色はきっとこういう感じなのでしょう



category | 北欧スタイル花事情

アキュエルフラワーレッスン・オーバル

20170625_160332.jpg
北欧の人が以外と多いという国際色豊かな西宮市
阪急苦楽園口駅から徒歩一分
花と北欧雑貨の店こ・と・の・葉

店内講座Accueilのフラワーレッスン
すっかり夏花材
ご自身で花を選んでいただいて
オーバルという基本スタイルを受講いただきました
楕円形で壁を背に飾る盛花で華やかなデザインです。
アレンジメントだけでなくウェディングブーケにも
オーバルデザインはあります。

お使いいただいた季節の花のアルケミラモリスは
今の季節北欧でも咲いています
実は女性の健康に良い効能のあるハーブでもあるのです。

次回開講は7月9日(日)14時〜
8月は毎年講師が夏季休暇となります。



category | 営業日時&レッスン案内

サッカーのコーチへのお礼花

20170625_140251.jpg20170625_140059.jpg
サッカーのコーチ(男性)へのお礼の花束
ご依頼主様の希望は格好良く
大きさもありつつ

青・緑・黄色の花でまとめて
丸いお花や小花は入れずに
ラッピングは黒いかっこいい物もあったのですが
やはりスポーツや教え子たち
夜のニュアンスでは無いと思いますので
上記の様な組み合わせラッピングにしております。

ご用意できるできない別にして
サッカー、野球など具体的な事前に情報をいただけると
ラッピングもベストを尽くします。

青い薔薇は染めのため
通常の薔薇より少しお高く、一週間以上前からのご注文となります
ちょうどご用意していた頃
数人のご来店者様に見初めていただきました
蒸し暑かったので好印象だったのかもしれません。

category | 素敵な贈り物、贈り方

2017.06.25.Sunday | 13:30 | comment(0)

2017・キャンドルナイト

20170624_191148.jpg20170624_192534.jpg20170624_192600.jpg
北欧の人も以外と多いという西宮市
阪急苦楽園口駅から徒歩一分
花と北欧雑貨の店こ・と・の・葉

21時までのキャンドルナイト
その後は片づけに2時間
大手前大学光環境ゼミの学生さんありがとうございました
雨の中の片付け、風邪などひきませんように。

当店はお手伝いのため17時閉店でしたが
花苗などは片づけずに
キャンドルの灯りをつけていました。

毎年苦楽園にあるギャラリーの6cさん作のポスターが
楽しみの一つです
店頭に貼りたくなるデザインですから。


category | 花屋店主のひとりごと

2017.06.24.Saturday | 17:58 | comment(0)

祝ご開店 三本松ぱん

20170624_110852.jpg20170624_110904.jpg
6月24日おめでとうございます
長蛇の列で開店一時間後には売り切れ
11時の第二弾焼き上がりを皆さんお待ちのようでした。

たくさん並ぶお祝い花に遊び心をと
パンのフェイク(作り物)をおいれしました。
さわり心地も焼きたてパンみたいにホワホワ
昔はカチコチのフランスパンにドライフラワーを入れて
贈るお祝い花もあったようです(実物は見た事ないです)
暑い日が続く梅雨時
フェイク素材と生花を合わせると長く飾れるお花になります。

三本松ぱんさん
実は名字が三本松さんなんです
7〜18時open
松風町5番6号サニーハイツ
Tel0798−72−3072
category | 素敵な贈り物、贈り方

2017.06.23.Friday | 19:59 | comment(0)

祝30周年ステップスさん

20170623_134412.jpg
「30周年おめでとうございます」
淡路島にあるBarより
夙川にあるBarへのお祝い花
「移り変わりの激しいこの土地で30年て本当に凄いです」
ご依頼主の心からの尊敬のお気持ちを
お花で贈りました。
3色のシンピジュウム
トルコキキョウのセレブゴールド
ダリア
クレマチスのエトワールローズ
etc
category | 素敵な贈り物、贈り方

梅雨時 いけばな

20170622_193829.jpg20170622_202734.jpg20170622_202559.jpg20170622_202425.jpg
北欧の人も以外と多いという国際色豊かな西宮市
阪急苦楽園口駅から徒歩一分
花と北欧雑貨の店こ・と・の・葉

店内講座いけばな小原流
梅雨だというのに雨の日が少ないです、雨が降らなくとも梅雨時は花の出荷が減りますので花屋さんで花苗が見つけにくい時期でもあります。

ご用意した花は向日葵のサンリッチオレンジ(中央が茶色い)サンリッチフレッシュオレンジ(中央が黄色)、セラトペティウム、トルコキキョウ(森の雫)、ドラセナ(ハワイアンフレッグ)、エリンジューム(スーパーノバ)、芍薬(サラベルナール)、レザーファン、ワックスフラワー。

次回は7月6&20日
ご新規性と募集はございませんので見学・体験レッスンもお休み中

category | 営業日時&レッスン案内

2017.06.22.Thursday | 19:42 | comment(0)

24日はキャンドルナイト

19399114_968467163255970_4562100023561879053_n.jpg
23日金曜日は18時30分
24日土曜日は17時
当店閉店させていただきます

キャンドルナイト
category | お知らせ

リトウリンダ氏と7人の写真家

0602-main02.jpg
苦楽園の石刎町は贅沢だと思う
ウラン堂さんがあるから。
アート界の雲の上の人です
オーナーのリトウリンダ氏は!
ですがとても近しい所にいつもいてくれる
人としても場所としても。

そして今回の展覧会の被写体
被写体の作品自身はすでに海外でも高い評価と賞を得てるのだけども

木が少しずつアートになるという過程をずっと見てきました
幸運にも同じ町内というだけで

店から自宅への帰り道にあるウラン堂さん
一年ほどでしょうか
仕事の合間に外で彫り続けている姿をよく見ました
その姿はどこか楽しげで
後々に聞いた作品の背景やテーマ、その過程全てには
衝撃を受けました。

今回の写真展は、続編というか映画で言うエピソードや外伝にも
作品を必然として世に出す力のある人が
リスペクトしてきたという7人を作品を通して紹介してくれてる
そんな気さえします
しかもコラボなので作品は新たに生まれ続けている状態で
なんだか希望のある終わりかたに
パンドラの箱を開けたみたい。

写真展行けて本当によかったです
http://www.uran-dou.com/archives/information/●「リトウリンダと写真家達」展のお知らせ














category | 日記

2017.06.20.Tuesday | 13:27 | comment(0)

6月の個展お祝い

20170616_132741.jpg
水彩画の個展お祝い
ギャラリーがアンティークな空間のようでしたので
その場になじむ緑の葉を多めに
季節の輸入紫陽花やブルーベリー
そっと香るミントなど
二週間以上開催の個展のため
できるだけ見た目が変貌しない
桃という名の胡蝶蘭などおいれしました
食品に関するデザインもお仕事もされていると
小耳にしたものですから

短い開催ですと野草も素敵でしょうね
category | 素敵な贈り物、贈り方